ワード:変更履歴をひとつひとつ確認しながら反映させる

ここでは、「ワード:変更履歴をひとつひとつ確認しながら反映させる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文書の変更履歴が表示されているということは、まだ元に戻せる状態です。

ここでは、変更履歴の内容をひとつひとつ確認しながら指定していく方法を説明しています。


関連エントリー


Word 2002,2003の場合
Word 97,2000の場合
動画による操作方法の説明



※Word 2002,2003の場合

[チェック/コメント]ツールバーを表示させ、カーソルを文頭に移動させる。-[次の変更箇所]をクリック
[次の変更箇所]をクリック


 ↓

最初の変更箇所が選択されるので

・変更を反映させるときは[変更を承諾]をクリック
変更を反映させるときは[変更を承諾]をクリック



・変更前の状態に戻すときは[変更を元に戻す]をクリック
変更前の状態に戻すときは[変更を元に戻す]をクリック


 ↓

[チェック/コメント]ツールバー-[次の変更箇所]をクリック


 ↓

次の変更箇所が選択されるので
・変更を反映させるときは[変更を承諾]をクリック
・変更前の状態に戻すときは[変更を元に戻す]をクリック

 ↓

以下、繰り返し。


[チェック/コメント]ツールバーが表示されていない場合は、メニュー[表示]-[ツールバー]-[チェック/コメント]をクリックしてください。
http://www.aoten.jp/snack/word/12_2.html[チェックコメント]をクリック







※Word 97,2000の場合

[チェック/コメント]ツールバーを表示させ、カーソルを文頭に移動させる。
2000[チェックコメント]ツールバーを表示


 ↓

[次の変更箇所]をクリック
2000[次の変更箇所]をクリック


 ↓

最初の変更箇所が選択されるので

・変更を反映させるときは[変更を承諾]をクリック
2000[変更を承諾]をクリック



・変更前の状態に戻すときは[変更を元に戻す]をクリック
2000[変更を元に戻す]をクリック


 ↓

[チェック/コメント]ツールバー-[次の変更箇所]をクリック
[次の変更箇所]をクリック


 ↓

次の変更箇所が選択されるので
・変更を反映させるときは[変更を承諾]をクリック
・変更前の状態に戻すときは[変更を元に戻す]をクリック

 ↓

以下、繰り返し。


[チェック/コメント]ツールバーが表示されていない場合は、メニュー[表示]-[ツールバー]-[チェック/コメント]をクリックしてください。


ワード ■ 変更履歴を文書に反映するには
なお、こちらのリンク先では、上記の操作方法を動画で説明しています。

今やビジネスパーソン必須の機能となっているワードの変更履歴機能。この機会にきっちり押さえておきたいものです。
スポンサーサイト

関連エントリー


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamarne.blog86.fc2.com/tb.php/56-b344075b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
変更履歴が表示されているということは、まだ元に戻せる状態です。変更した内容をすべて一括で反映させる方法はこちらです。○操作方法:変更履歴で記録された変更を一括して反映する※Word 2002,2003の場合[
2007/05/23(水) | ハマーヌの成功に効くブログ
ワードの変更履歴機能とは、文書の変更内容が校閲者ごとに色分け表示される機能です。ワードの変更履歴機能を活用すると、誰がどのような修正をおこなったのかを画面に表示したり、印刷したりすることができます。例え
2007/05/23(水) | ハマーヌの成功に効くブログ