外国為替証拠金取引(FX)とは

ここでは、「外国為替証拠金取引(FX)とは」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕は、資産運用の一環として、外国為替証拠金取引(FX)をやっています。

外国為替証拠金取引(FX)とは、取引をするために預ける証拠金をもとに、レバレッジをきかせて、証拠金の何倍もの外国為替を購入し、為替レートによって利益が変動する、いわゆる「信用取引」です。

関連エントリー


例えば、一般的な外貨預金や外貨MMFでは、1万ドルの取引をするためには110万円の日本円(為替レートが1米ドル=110円の場合)が必要ですが、外国為替証拠金取引では、その約1/10~1/100の1万円~10万円程度の証拠金があれば、取引を行うことができます。


このような、証拠金に対する取引金額の大きさを「レバレッジ」(leverage=「てこ」の意)といいます。


上記の例で挙げたような、一般的な外貨預金や外貨MMFの場合のレバレッジは、1倍です。


レバレッジが大きいということは、少ない資金(証拠金)で大きく取引ができる、ということです。これが、FXのメリットであり、リスクでもあります。


ここでひとつ、具体例を挙げてみます。



【前提】
・10万円の証拠金を預けている
・為替レートが1米ドル=100円
・レバレッジが100倍


10万円×レバレッジ100倍=10万米ドル(1,000万円分)の米ドルを購入します。


その後、為替レートが1米ドル=101円のドル高(=円安)に変動した場合


1,000万円分で購入した10万米ドルは、そのとき1,010万円になっています。
ここで、その10万米ドルを売り抜けると、1円の為替の値動きで、10万円分の利益になります。
 
  
逆に、為替レートが1米ドル=99円のドル安(=円高)に変動した場合

 
1,000万円分で購入した10万米ドルは、そのとき990万円になっています。
ここで、その10万米ドルを売り抜けると、1円の為替の値動きで、10万円分の損失になります。




この例だけをみると、レバレッジをフルにかけ、まさに丁半ばくちの様相です。


しかし、FXは、自分でその取引量をコントロールすることができますので、そのさじ加減によっては、そのようなリスクを自分でコントロールすることができるんです。


ちなみに、上記は、為替差益で利益を出すやり方です。FXでは、これに加えて「スワップ金利」で利益を出すという方法もあります。これについては、またの機会に触れたいと思います。
.
スポンサーサイト

関連エントリー


関連タグ : FX, 為替,

コメント
この記事へのコメント
これからに期待のブログですね。
名前が面白いです♪
応援していきます
2007/01/24(水) 16:09 | URL | FX初心者のためのFX無料レポートの紹介してます #-[ 編集]
ようこそお越しくださいました!
これからも少しずつ書き足していきますので
よろしくお願いします。
2007/01/28(日) 00:18 | URL | ハマーヌ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamarne.blog86.fc2.com/tb.php/40-fe728e01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック