Officeを骨までしゃぶり尽くす

ここでは、「Officeを骨までしゃぶり尽くす」 に関する記事を紹介しています。
転職に関する記事はこちらに移転しました。今後ともよろしくお願いします。

キャリアアップを目指す人の転職攻略法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2つの文書「文書A」と「文書A´」の差異を、文書A→文書A´の変更の履歴として一発で表示させる方法を説明します。

このテクを使いこなすことで、文書の編集や校正にかける時間を飛躍的に短縮することができます。

ワードを使いこなすためにも、ぜひマスターしておきたいですね。

スポンサーサイト

関連タグ : ワード,

変更履歴が表示されているということは、まだ元に戻せる状態です。

ここでは、ワードの変更履歴をすべて一括で反映させる方法を説明します。


関連タグ : ワード, 変更履歴,

文書の変更履歴が表示されているということは、まだ元に戻せる状態です。

ここでは、変更履歴の内容をひとつひとつ確認しながら指定していく方法を説明しています。


ワードの変更履歴機能とは、文書の変更内容が校閲者ごとに色分け表示される機能です。

ワードの変更履歴機能を活用すると、誰がどのような修正をおこなったのかを画面に表示したり、印刷したりすることができます。

例えば、契約書などの文書のドラフトを相手と調整しながら作成していく場合、双方の変更を記録することで、どの部分をどのように変更したのかを、より明確に相手に伝えることができます。